公演・イベント

アキハ・ミュージカル・プロジェクト

秋葉区文化会館では2020年にオリジナル脚本による市民ミュージカルを制作します 。
その第一歩として、脚本家、演出家の嶽本あゆ美先生をお迎えし、4日間のワークショップを開催します。

講師:嶽本あゆ美 プロフィール

劇作家・演出家。日本劇作家協会会員 1989年 武蔵野音楽大学卒業 、劇団四季技術部・演出部を経て、音楽・演劇講師、フリー脚本家として活動。文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作受賞、劇作家協会新人戯曲賞、文化庁芸術祭演劇部門優秀賞受賞。代表 作に「太平洋食堂」「ダム」「パパからもらった宝もの」や劇団BDPミュージカル など。全国の劇団、劇場、学校などでの戯曲指導、コミュニケーション活動表現教育指導者としても活動。エッセイ「演劇 に何ができるのか?」(共著)をアルファベータブックスより出版。

公演概要

開催日

平成31年 3月21日(木祝)、22日(金)、23日(土)、24日(日)

演目

3月21日(木祝) ■アキハ モノガタリ 聞取りワークショップ「キク・ミル・カタルシス」
アキハについて語りたい方、お芝居を作ってみたい方を大募集!秋葉区にちなんだ「鉄道」や「花」「緑」 「ヒト」「モノ」に関わるエピソードをお聞かせください。 あなたの心に残る小さな記憶から物語が生まれるかもしれません。聞いて感じて芝居のたまご、セリフを作ってみましょう。
● 会場:秋葉区文化会館 練習室1
● 時 間 13時~17時
● 参加費:無 料
● 定員 20名(対象:中学生以上)
●持ち物:筆記用具、メモ用紙


22日(金)、23日(土) ■「演劇ワークショップ」
無理なく体を動かして身体表現、発声練習や即興劇、シアターゲーム等を行います。演劇の面白さを体験してください。 経験は不問です!幅広い年齢のご参加をお待ちしてます。
●22日(金)会場:秋葉区文化会館 練習室1 ● 時 間 19時~21時
●23日 (土) 会場:秋葉区文化会館 ホール ● 時 間 13時~17時
● 参加費:2000円(全2日)
● 定員 30名(対象:小学校高学年以上
●持ち物:動きやすい服、靴、タオル、水分など。

24日(日) ■「アートプロデュース講座制作編」
「ミュージカルの制作」を題材にし、企画立案から作品が1本 出来上がるまでの創作方法を ワークショップの中で研究します。講師が過去に制作したミュージカルや、これから作るアキハを題材に、脚本、音楽、演出、そしてプロモーションについてお話します。
● 会場:秋葉区文化会館 練習室1
● 時 間 13時~16時
● 参加費:1000円
● 定員 20名(対象:中学生以上
●持ち物:動きやすい靴、筆記具

場所

ホール、練習室1

開場

開演

チケット料金

■アキハ モノガタリ 聞取りワークショップ「キク・ミル・カタルシス」:無料
■「演劇ワークショップ」 (全2日)2000円
■「アートプロデュース講座~制作編」1000円

チケット発売日

平成31年1月25日 受付開始

チケット取り扱い

秋葉区文化会館:0250-25-3301

お問い合わせ先

秋葉区文化会館:0250-25-3301